ボスニア・ヘルツェゴビナのホステル(ヴィシェグラード・サラエボ・モスタル)

筆者撮影筆者撮影

※1ユーロ=135円(ボスニア・ヘルツェゴビナの通貨は1マルカ=68円)

① Sobe V&P Blagojevic(ヴィシェグラード)入賞

ームページ  Sobe V&P Blagojevic

行き方 ヴィシェグラードのバス停から徒歩20分

料金 1人1泊あたり 7.5ユーロ(1,013円) 個室

「sobe」と言われる、一般の民家を宿として利用しているところに泊まりました。ここのオーナーは初老のセルビア人夫妻。英語は話せませんが、Google翻訳を通じて伝えてくれます。親切でセルビア文化を一生懸命教えてくれます。セルビアのホスピタリティに直接、触れ合える宿です。室内は清潔で問題ありません。エアコンが付いているのも大きなプラス要素です。ただ、場所が中心から外れているので、しっかりとGoogle mapで確認しましょう。廃線跡を辿れば宿に着けます。朝食はありません。

② Hostel Heart of Sarajevo(サラエボ)

ホームページ Hostel Heart of Sarajevo

行き方 東サラエボバスターミナルからトロリーバスに乗り終点下車。終点から徒歩10分(計、約40分) 

料金 1人1泊あたり 7ユーロ(945円) 8人部屋男女混合ドミ

サラエボ旧市街の真ん中にあるホステル。観光には問題ありません。ただ、このホステルはオススメしません。まず、共用ルームにあるプラグの大半が通電しませんでした。また、それぞれのフロアにトイレ1つとシャワー1つがありますが、結構待たされます。部屋は換気が悪いのが難点。プラグの数が少なかったので本当に不便でした。次、サラエボに行く時は別のホステルを選びます。朝食はありません。

③ Hostel Majdas(モスタル)入賞 

ホームページ Hostel Majdas 

行き方、モスタルバスターミナルから徒歩10分

料金1人1泊あたり 1oユーロ(1,350円) 4人部屋男女混合ドミ

家に帰ってきたような錯覚に陥るホステル。とても開放的で気持ちいです。また、オーナーが夕食時にスープを振舞ってくれるのですが、これがとても美味しい。しかも、この夕食も料金に含まれています。朝食も食べごたえがあり、これも料金に含まれます。室内、シャワールームとも快適です。アクセスの良さもオススメする理由の一つです。

 

 

 

Translate »