チェコの鉄道の列車種別を解説

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちは。今回はチェコの鉄道の列車種別を紹介します。簡単に言うと、「特急」とか「急行」の類ですね。これを知っていると、自分が乗る列車のタイプがわかります。それでは、チェコの鉄道事情を一緒に見てみましょう。

チェコ国鉄

① SC:Super City(特急)

12385257335_bc8ddb1f85_k     Photo by:calflier001

最初に紹介するのはチェコ国鉄の看板列車、SC(Super City)です。SCはイタリアのペンドリーノ社の車両を使っています。最高時速は160km。SCの車両は振り子仕様となっており、カーブでもスピードを落とすことなく走れます。

クラスは1等と2等があります。1等は1列+2列、2等は2列+2列です。1等は無料で飲み物と軽食のサービスが付きます。なお、今年の夏から順次、リニューアルが行われます。

走行区間:ヘブ~プラハ~オロモウツ~ポプラド~コシツェ
所要時間:約2時間10分(プラハ~オロモウツ)、約7時間10分(プラハ~コシツェ)

② RJ:Rail Jet(特急)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

RJ(Rail Jet)はもともとオーストリアの看板列車。2014年、チェコ国鉄仕様のRJも誕生しました。オーストリア国鉄のRJの車体は赤色、チェコ国鉄のRJの車体は青色です。RJの最高時速は230kmですが、チェコで160km以上は出ていないと思います。

RJも1等と2等に分かれ、1等はドイツ語圏らしい革張りのシートになっています。食堂車ではチェコ料理も楽しめます。

走行区間:プラハ~ブルノ~ウィーン~グラーツ
所要時間:約4時間(プラハ~ウィーン)、約6時間40分(プラハ~グラーツ)

③ EC:ユーロシティー、IC:インターシティー、EN:ユーロナイト(特急)

プラハ発ブダペスト行き

プラハ発ブダペスト行き

ここから少し複雑になります。ECは国際線の特急列車、ICは国内線の特急列車、ENは国際寝台特急列車です。ECはスロバキア、ポーランド、ハンガリーなどの周辺諸国に、ENはベルリンに乗り入れます。車両は客車となっており、ECの場合はチェコ国鉄以外の車両が使われることもあります。最高時速は160kmです。

こちらも1等と2等に分かれます。また、昔ながらの雰囲気を持つ食堂車も連結しています。古き良き、客車特急の旅が存分に味わえることでしょう。

走行区間:プラハ~ブラチスラバ~ブダペスト、プラハ~カトヴィツェ~ワルシャワ、プラハ~ドレスデンetc...
所要時間:約6時間40分(プラハ~ブタペスト)、約4時間(プラハ~ワルシャワ)、約2時間20分(プラハ~ドレスデン)

④ Ex:Expressy、Rx:Rychlik(急行)

ボフミーン行き急行

ボフミーン行き急行

Exは国際線の急行列車、Rxは国内線の急行列車です。ここからは準幹線、ローカル線も走ります。代表的なExはプラハからドイツのミュンヘン行きの列車です。

車両の質はマチマチです。それでもリニューアル車が増えているため、ボットントイレに当たる確率は低くなっています。心配な方は駅でトイレを済ませておきましょう。

走行区間:プラハ~プルゼニュ~ミュンヘン、プラハ~チェスキー ブジョヴィツェetc...
所要時間:約6時間(プラハ~ミュンヘン)、約2時間20分(プラハ~チェスキー ブジョヴィツェ)

⑤ Sp:快速列車

これはイメージです

これはイメージです

ここからは本当のローカル列車になります。Spは快速列車ですが、私はあまり見たことがありません。Rxのほうが多いような気がします。Spからはボットントイレに当たる確率が高くなります。車内も少しホコリが多いです。

⑥ Os:普通列車

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

当然のことながら、Osは全線で走っています。しかし、幹線では乗る必要はないでしょう。古い客車もありますが、電車タイプもあります。客車の場合は少しホコリが多いです。

レギオジェット

① REGIO JET

左がREGIO JET、右が国鉄

左がREGIO JET、右が国鉄

REGIO JETは私鉄、レギオジェットが運営している特急列車です。この列車のチケットは国鉄のチケット売り場では販売されていません。REGIO JET専用カウンターに行きましょう。

車体は黄色となっており、本当に目立ちます。クラスは「ビジネス」「リラックス」「スタンダード」「ローコスト」があります。国鉄を上回るサービスが自慢です。

走行区間:プラハ~ブルノ~ブラチスラバ(一部、スタレーまで)、プラハ~コシツェ
所要時間:約4時間(プラハ~ブラチスラバ)、約8時間(プラハ~コシツェ)

レオエクスプレス

①LEO EXPRESS

8116347466_424f0d4e2d_k

  Photo by:Petr Dadák

特急LEO EXPRESSは私鉄、レオエスプレスが運営しています。こちらも国鉄のチケット売り場では購入できません。LEO EXPRESSはREGIO JETよりも観光客にとっては馴染みが薄いかもしれません。なぜなら、多くの列車が国境の町ボフミーン止まり。プラハからコシツェへ行く列車は1日2本、そのうちの1本はコシツェ深夜着です。

座席は「エコノミー」「ビジネス」「プレミアム」の3クラス制です。ユニークな点としてはゲームの貸出サービスがあります。

走行区間:プラハ~ボフミーン(一部コシツェまで)
所要時間:約8時間20分(プラハ~コシツェ)

ホームページ

チェコ国鉄

REGIO JET  

LEO EXPRESS 

Translate »