チェコ鉄道旅行に関する新情報 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みなさん、こんにちは。今回は12月7日に在日チェコ大使館で行われたセミナーから、鉄道旅行に役立つ情報をお伝えします。チェコならびにヨーロッパを旅行する際の参考にして頂ければ幸いです。

① プラハ~ベルリン間、スピードアップ! 

動画はチェコ鉄道の新型ベクトロンの機関車

主要幹線であるベルリン~プラハ間がスピードアップ! チェコ・ドイツ間のアクセスがより快適になります。この情報はイギリス発の鉄道サイト「Railway Gazette」の記事も参考にしつつお伝えします。

チェコ鉄道の発表によりますと、2018年夏にプラハ~ベルリン間の所要時間が20分短縮され、4時間で結ばれます。これは鉄道近代化と新たな機関車の導入によるものです。2017年12月10日のダイヤ改正から、ECプラハ~ハンブルク間のうち、プラハ~ドレスデン間にて新型ベクトロンの機関車が使われています。

2018年夏から、ベクトロンの新型機関車がそのままベルリン方面へ乗り入れます。このような鉄道近代化による国際線列車の時間短縮は今度も続くことが予想されます。

② チェコ国内を鉄道で乗り回す際の切符 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最近はチェコ国内をじっくりと旅する旅行者も増えているようです。もし、チェコオンリー&鉄道旅行を楽しむ方は「ユーレイルチェコ共和国パス」を購入しましょう。「ユーレイルチェコ共和国パス」を利用するとチェコ国内を自由に鉄道で旅できます。基本情報は以下のとおりです。

有効期間:1ヶ月間

フレキシータイプ(有効期間内に設定された日数分を利用)3日、4日、5日、8日分

クラス:1等、2等

料金(28歳以上):3日 99ユーロ、4日 124ユーロ、5日 146ユーロ、8日 208ユーロ(2017年12月12日調べ)

ようするに、1ヶ月の間で3日、4日、5日、8日だけ利用できるわけです。日数は連続でもバラバラでも構いません。なるべく長距離移動する際にパスを使えばいいでしょう。このパスのポイントは1等に乗れること。1等車では無料で食事のサービスが付いてきます。なお、購入する際はレイルヨーロッパ・ジャパンのHPからどうぞ。

③ 車両を丸ごと貸し切ることができるチェコ鉄道 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チェコ鉄道では編成丸ごと貸切サービスを行っています。日本ではまず考えられないでしょう。観光車両の価格は以下のとおりです。

1コルナ=5.21円(2017年12月12日)

プラハ~オストラヴァ: 22,000チェココルナ(50名、片道)

プラハ~ブルノ:16,800チェココルナ(50名、片道)

※軽食含み

一方、貸切周遊列車の場合は以下のとおりです。

プラハ~オストラヴァ~ボフミーン:200,000チェココルナ~(400名、周遊)

プラハ~ブルノ:165.000チェココルナ~(400名、周遊)

プラハ~プルゼニュ:165,000チェココルナ~(400名、周遊)

※価格は税抜価格です。

いずれにせよ、利用するにはそれなりの人数が必要です。ミーティング、結婚式、学会… いろいろなシーンで使えそうですね。チェコ好き、鉄道好きの方は一度検討してください。

なお、詳細に関しましてはチェコ政府観光局までどうぞ。また、チェコ鉄道のHPをチェックするのもいいでしょう。

お問い合わせはこちらからお願いします。

Translate »