【セルビアの第二都市】4か国語で書かれた市庁舎を持つ街 ノヴィ・サド(10月24日)

筆者撮影筆者撮影

ベオグラードが一段落したので、ヴォイヴォディナ自治州のノヴィ・サドに行きました。この街は、セルビア人以外にハンガリー人、スロバキア人など多様な民族が住んでいます。統計ではセルビア人の占める割合は7割強といったところです。また、ノヴィ・サドはセルビアのヴォイ・ヴォディナ自治州の州都になっています。

① 4カ国語で書かれた市庁舎

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ベオグラードを11時過ぎに発車するブダペスト行きICに乗りました。車両は相変わらず2両編成。車内は満員です。もう少し両数が増えないものでしょうか。北に進むこと90分。定刻通り12:42分にノヴィ・サドに到着。駅は社会主義そのままの雰囲気。ドヨーンとした独特の暗さが周りを支配していました。

筆者撮影

筆者撮影

大通りを歩いて20分。ようやく中心地にたどり着きました。ベオグラードと違ってヨーロッパ、「中欧」の雰囲気が漂う街です。言い方を変えれば、少し垢抜けています。広場にはセルビアの国旗と共にヴォイ・ヴォディナ自治州の旗がありました。バルカン半島において、これほど仲良く「国」と「自治組織」の旗が並ぶのはここだけではないでしょうか。

そして、ヨーロッパ調の市庁舎にあったプレートを見ると4か国語で書かれていました。セルビア語、ハンガリー語、スロバキア語、最後はウクライナ語でしょうか、少し分かりません。いずれにせよ、日本では考えられないですね。※最後はルシン語です。

筆者撮影

筆者撮影

② これはどこの宗派?教会クイズ

当然、これだけ多様な民族が住んでいるのですから、様々な教会があります。まず、広場にどーんと建っているのはカトリック教会。天に伸びる尖塔を見ればすぐに分かります。そして、数が多いのがセルビア正教の教会です。ミサを行っているところは入れませんでしたが、中に入れる教会もありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中に入ると美しいイコンが。写真撮影厳禁が本当に残念です。少し中心から離れるとシナゴーグもあります。現在、ノヴィ・サドにはどれくらいユダヤ教徒がいるのでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

残念ながらスロバキアのルター派教会は見つけられませんでした。それでも「これはどこの宗派の教会かな」と考えながら歩くのは実に楽しいことです。※この写真がスロバキアのルター派教会であることがわかりました。

ノヴィ・サドの位置


Translate »