お便りスパシーバ-東京OFF会での質問から-

ウクライナ・キエフウクライナ・キエフ

決してお便りが来たわけではありません。ただ、東京で行われたOFF会でよく尋ねられた質問を整理したいと思います。おそらく、みなさんが思っている質問も同じでしょうから。ちなみに、「お便りスパシーバ」はロシアの声放送の人気コーナから取りました。

筆者撮影 リヴィウ

筆者撮影 リヴィウ

① ウクライナは大丈夫なの?

一番多かった質問はこれ。「ウクライナは大丈夫なの、旅行できるの」という質問です。結論から答えると、少なくとも首都キエフから西は安全です。従って、リヴィウやオデッサは何も問題はありません。キエフも安全ですが、旅人を狙ったひったくりが急増しているとのこと。これには十分にご注意ください。現地の人からも、何回も注意されました。まあ、気をつけていれば「安全」です。

なお、ドネツク、ルガンスクは危険ですので近寄らないようにしましょう。ロシアが占領しているクリミア半島に行きますと、最悪の場合、今後一切ウクライナに入国することが不可能に。決して、鳩山前首相のようなマネをしないようにしましょう。

筆者撮影 プラハ

筆者撮影 プラハ

② 三ヶ月、長かったでしょう

これも、よく聞かれる質問です。確かに自分の中では3ヶ月はとても長く感じました。今までは長くとも3週間くらいでしたから。ただ、ハンガリーの日本人宿では私は短い方でした。世界一周にチャレンジしている方は10ヶ月~1年!。夫婦やペアじゃないと、なかなかモチベーションを保つのが大変だろうな、と感じました。それでも中には1人で世界一周にチャレンジしている旅人もいました。ただ、脱帽です。

③ 旅行中、記事を書くのは大変でしたか

はい、大変でした!。旅行をしながら書き続けるのが、これほど大変だとは思っていませんでした。「溜めたら終わり」と思っていたので、2日分くらい溜まっていたら強引に記事を書きました。個室の場合は深夜の0時から書き始めて、寝たのが1時30分という時も何度かありました。文章を書くのはそれほど時間はかかりません。鉄道やバスの移動中に構成を練るからです。問題は写真のアップロード。これが宿のWIFI環境に大きく左右されるのです。WIFIが遅いホステルでは本当に苦労しました。

それでも、「みんなが読んでいる」というプレッシャーがあったからこそ、書き続けられたと思います。自分でも「よく書いたなあ」というのが正直な感想です。本当に読んで頂きありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。


Translate »