ブルノ→プラハ(Railjet レイルジェット解体新書) 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA






2017年、チェコ旅行の記事も最後になりました。最後の記事はブルノからプラハまでの鉄道紀行です。今回はオーストリア、チェコの高速列車、Railjet(レイルジェット)を利用しました。なかなか、快適な高速列車なのでチェコ、中欧旅行ではとても役立つ交通手段といえるでしょう。

①そもそも、Railjet(レイルジェット)とは? 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先に、今回乗ったRailjet(レイルジェット)の解説をします。Railjetはオーストリア国鉄が開発した高速列車で、2008年12月に運行を開始しました。最高時速は200km/hですが、2006年9月の試験では357km/hを叩きだしています。

こちらはオーストリア仕様のRailjet

こちらはオーストリア仕様のRailjet

Railjetは今回乗ったグラーツ~ウィーン~プラハ間以外に、ミュンヘン~ウィーン~ブダペスト、チューリッヒ~ザルツブルク~ウィーン間でも運行されています。なお、2010年からはチェコ国鉄仕様のRailjetも誕生しました。基本的な仕様は同じですが、カラーリングが異なります(オーストリア:赤、チェコ:青)。Railjetは中央ヨーロッパを代表する高速列車と言えましょう。

② ブルーがまぶしいチェコ国鉄仕様のRailjet 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私たちは10:38分ブルノ発、ウィーン中央駅行きのRailjetに乗りました。車内の第一印象はブルーがまぶしいこと。オーストリアのRailjetはシックな色にまとめられているので、より垢抜けた印象を持ちました。色は異なりますが、座席のタイプは同じです。写真の座席は2等車ですが、座席自体は欧米サイズで作られているので、グリーン車に座っているような感じです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、向かい合わせの席にはこのような大型のテーブルがあります。これだけ大きいと飲食に困ることはないでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

車両の端にはこのような荷物棚があります。そのため、スーツケースを持ち込んでも問題ありません。盗難が気になる方はチェーンで巻きつけてもいいでしょう。

Railjetの食堂車

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Railjetにはうれしいことに食堂車が連結されています。食堂車ではチェコ、オーストリア料理が楽しめます。2017年5月現在のRailjet食堂車の主要メニューは以下のとおりです。

・スヴィチュコヴァー(150g):10.9ユーロ(約1,395円)

・トマトサラダ付きチキンカツレツ:10.9ユーロ(約1,395円)

・グラーシュ:3.9ユーロ(約500円)

・ソーセージ(2本分):4.9ユーロ(約630円)

※1ユーロ=128円

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私はオーストリア料理のチキンカツレツ(シュニッツェル)を注文しました。サイズはウィーンで食べるものよりも小さいですが、サクサクしており本当に美味しかったです。とにかく、車窓を見ながら食事を楽しめるのがポイント。日本では食堂車はほぼ絶滅したので、ヨーロッパ鉄道旅行ならではの楽しみです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、2年前とは異なり、全てのメニューが「注文OK」でした。食堂車からもチェコ全体のサービスアップがわかります。なお、食堂車ではチェコ・コルナだけでなくユーロでも支払い可能です。もちろん、クレジットカードも使えます。Railjetに乗車した際は、ぜひ食堂車をご利用ください。

ソフト面も充実しているRailjet 

こちらはオーストリア仕様

こちらはオーストリア仕様

Railjetがヨーロッパ初の鉄道! という方もいるでしょう。ヨーロッパに限らず、海外で鉄道を利用するのは緊張しますよね。でも、安心してください! Railjetはハード面だけでなくソフト面も充実しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず、車内放送はチェコ語、ドイツ語、英語が流れます。きちんと行先と次の停車駅を放送するので安心ですね。「英語がわからない」という方は、車内、ドア部にあるモニターを見ましょう。モニターでは行先、停車駅が常に表示されています。また、座席にある冊子には停車駅からの接続列車が書かれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Railjetのトイレはとても美しい水洗トイレ。全く日本と変わりません。主要駅のトイレは汚れている場合が多いので、なるべくRailjetのトイレを利用しましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに、ボタンを押すと石鹸、温風が出ます。もしかすると、日本の車内のトイレよりもレベルは上かもしれません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そうこうしているうちに、Railjetはプラハ中央駅に着きました。本当にあっという間です。ただ、プラハ~ブルノ間はカーブが多いので高速運転は望めません。

駅の表示、放送もしっかりしている! 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

よく、ヨーロッパの駅は放送もなく表示機も少ない、という話をよく聞きます。確かにそのような駅も多いですが、チェコの主要駅は表示機、放送がしっかりしています。上の写真はブルノ駅の発車表示機です。とてもわかりやすいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これはホームにある案内表示器です。日本と変わりません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、ホームにはこのような編成表を表示する機械があります。座席を指定している場合は必ずこの編成表をチェックしましょう。

駅の放送は基本的にチェコ語です。ただし、国際列車では英語放送が流れます。チェコ語は女性の声、英語は男性の声です。ホームで男性の自動放送が流れたら耳を傾けてください。動画はプラハ中央駅の放送(DoReTo Trains作成)。

ヨーロッパの旅行は鉄道で 

ヨーロッパ旅行は鉄道に限ります。バスよりも料金が高い場合がありますが、現地の人の暮らしぶりがよくわかります。特にコンパートメントですと、自然と現地の方との触れ合いができるでしょう。

プラハの位置

ホームページ 

チェコ国鉄 

※なお、この旅行はチェコ共和国政府観光局主催のプレスツアーです。チェコ共和国政府観光局からは宿泊費、移動費、食費等のご支援を頂きました。


Translate »