旅行でサポートを得るにはどうすればいいか

5825413134_ba0b2179e5_z

Photo:Travel by Moyan Brenn

① なぜ旅行するかを考える

「旅に出るから」そうあなたが言うと、必ず返ってくる質問はこれでしょう「何で旅行するの」ここで、「楽しみたいから」とか「世界を見たいから」と答えると「ふーん」で終わってしまうでしょう。もう少し考えて、「なぜ旅行をするのか」「旅行を通じて何がしたいのか」「旅行後、どうするか」これを考えることに力を入れました。そして、企画書という形でA4版にまとめてみました。

「企画書」と硬い単語を使いましたが、そう重く詳細に考えなくてよいと思います。ただ、思っていることをまとめれば、頭がクリアになるからです。クリアになれば、相手にも説明しやすくなるからです。

② 興味のあるところに積極的に出向く

会社を辞めてから、私はライターを少しやり、地元インターネットラジオ局と関わりを持っています。「おもしろそうだな」と思い寄ってみた、そんな感じです。仕事や団体の趣旨に共感し、作業する中で良好な人間関係を築いていきました。そして、今回の旅行の話をしたわけです。幸い、深い関心を持って頂き私としては本当に助かりました。抽象的な言い方ですが「おもしろそうだな」と思ったことには、積極的にチャレンジすればいいと思います。そこから、関係ができサポートを得られやすくなるはずです。

SONY DSC

Photo: Business by Helena Eriksson

なるべく多くの友人や知人に会い、様々なことを話しながら旅行への共感を得るようにしました。「共感」してもらえるだけでも、私にとっては大きなサポートです。頻繁に会っている友人ですと何となく分かってもらえますが、会っていない友人ですとなおさら直接会った方がいいと思います。もちろん、遠方にいる友人ですと会いに行けませんので、SNSを通じて広めることもいいでしょう。「お別れ会」という形で飲み会形式で説明するのもありです。ただ、私は大人数が苦手なので、個別に会いました。

④ 最後に感謝を忘れずに

最後に自分が言うのもおこがましいですが「感謝」の気持ちは持ち続けたいと思います。やっぱり、みなさんがいて、私が社会で生きられるわけですから。

おそらく、百人いれば百通りのやり方があるでしょう。正直、私は起業家のようなガツガツタイプではないので、自分に見合った方法+米粒の営業スキルでやりました。「硬すぎず緩すぎず」ほどほどで旅行に真正面に取り組めばいいと思います。ただ、お金よりも時間(会う時間+考える時間+作業)を取られるので、本業と片手間でやるのは厳しいかもしれません。「二兎を追う者は一兎をも得ず」これも大切だと思います。

Translate »