目玉列車 東欧編

photo by Benbe CC BY-SA 3.0,from Wikimedia Commonsphoto by Benbe CC BY-SA 3.0,from Wikimedia Commons







photo by Benbe CC BY-SA 3.0,from Wikimedia Commons

① 風光明媚なベオグラード=バール鉄道

セルビアのベオグラードからモンテネグロのバールまで結ぶベオグラード=バール鉄道が有名です。急勾配、長いトンネルと橋梁。特にマラ・リイェカ橋梁は世界で1番高い橋梁で有名です。開業時、ベオグラード~バール間は7時間でしたが、今は11時間。なぜ、これほど時間がかかるのでしょうか。

                    Photo:11.05.11 Sarajevo ŽFBH 441.906 By Phil Richards

② 知られざるボスニア・ヘルツェゴビナの鉄道

ボスニア・ヘルツェゴビナにも鉄道がありますが、他のユーゴ諸国と比べると路線が少ないことに気づくと思います。旧ユーゴ時代には路線は数多くあり、ベオグラード~サラエボも鉄道で行けました。原因はボスニア紛争。鉄道も甚大な損害を受けました。どのように復興しているか、見たいと思います。

            Photo:CFR Romania – Siemens Desiro (17.04.2010) (2) By Dariusz Sieczkowski

ルーマニアではまだ高速列車は存在しません。それでも、新型のディーゼル車が都市間列車に使われています。これにはぜひ乗ってみたいですね。

 


Translate »