東欧・ロシアの興味深い走行音&駅音ムービー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA




みなさん、こんにちは。東欧、ロシアに限らずですが、列車の走行音を聞きながら寝るとよく眠れます。高校生の時は自分で録音した阪急宝塚線の走行音を聞きながら眠りました。今回は、YouTubeの中から眠れる、もしくは興味深い走行音、駅音を紹介します。

① ロシアの走行音&駅音

最初にご紹介するのはロシアの走行音&駅音です。このムービーでは広軌(1,520mm)らしい堂々とした走行音が楽しめます。また、駅で流れるロシア語の放送も旅情をそそられます。時間は長いですが、同じサウンドの繰り返しになっています。

② 様々な国際列車が入線するワルシャワ中央駅

お次はポーランドの首都、ワルシャワにあるワルシャワ中央駅のサウンドです。このサウンドの特徴は様々な国際列車が入線すること。したがって、いろんな国の車両が見られます。

おっと、サウンドを忘れていました。放送は軽やかなポーランド語が聞けます。「ポーランド語はどのような言葉なの?」という方は、まずはこのムービーをチェックしましょう。

③ ユニーモラスなサイン音がうれしい、ハンガリー

最後に紹介するのはハンガリー、ブダペスト東駅です。ハンガリーの駅では独特のサイン音が流れます。このムービーでも冒頭に流れるので注目しましょう。

今回紹介した以外にも、様々な走行音&駅音があります。いろいろ聴いてみましょう。


Translate »