ウクライナ語とロシア語はどの程度違うのか 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みなさん、こんにちは。今回はウクライナ語とロシア語の違いを見ていきます。ウクライナ語は当然のことながら、ウクライナの公用語で、話者は全世界で約4500万人です。しかし、ウクライナに住む多くの人々の母語はロシア語です。ウクライナ語とロシア語はどの程度、異なるのでしょうか。それでは、早速見ていくことにしましょう。

①ウクライナ語とロシア語を聴いてみる

本当は私がウクライナ語とロシア語を実演すればいいのですが、私はウクライナ語が話せません。そこで、YouTubeの力を借りました。Olga Reznikovaさん、このような素晴らしいムービーを作ってくれてありがとうございます。

さて、いかがでしょうか。どのように聞こえたでしょうか。Olgaさんの美貌に見惚れて聞くのを忘れた? そのような方はもう一度、心を鬼にして聞いてください。

雰囲気は似ていても、ウクライナ語とロシア語は大きく異なることがわかりますね。ウクライナ語の方が少しソフトに聞こえます。ちなみに、ロシア人はウクライナ語を聞いて理解することはできますが、話すことはできません。

ポーランド人はウクライナ語を理解することができるみたいです。ウクライナ語はロシア語、ポーランド語に類似しているようで異なる言語です。

②文字からウクライナ語とロシア語の違いを検証する

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今度は文字からウクライナ語とロシア語の違いを見ていきましょう。両言語ともキリール文字を使っており、多くのアルファベットは同じです。しかし、一部異なります。

まず、ウクライナ語にはІ(イー) Ї (イィー)Ґ(ゲー)というロシア語にはないアルファベットがあります。反対にロシア語のы(ウィー)やё(ヨー)はありません。ちなみに、ロシア語も昔は「Ї」というアルファベットがありました。また、ウクライナ語はгは「へー」と呼びますが、ロシア語では「ゲー」と呼びます。

次に単語を比べてみましょう。

部屋:ウクライナ語:кімната(キムナータ)ロシア語:комната(コームナタ)

ベッド:ウクライナ語:ліжко(リーシコ)ロシア語:кровать(クラヴァーチ)ポーランド語:łóżko(ウーシコ)

このように比べると、似ている単語もありますが、ベッドのように全く異なる単語もあります。実は、ロシア語と全く異なる単語はポーランド語と似ている場合があります。ウクライナ語を母語にするとロシア語もポーランド語も簡単に学ぶことができます。

③ウクライナ語の知られざる歴史

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウクライナ語はどのような歴史をたどってきたのでしょうか。ウクライナ語は長年、冷遇されてきた言葉と言っても過言ではありません。

18世紀にウクライナの大部分がロシア帝国領になったわけですが、ウクライナ語は「文化語」ではなく、単なる「農民の言葉」という扱いでした。ウクライナ語を使った文化活動も知識人を中心に試みられましたが、ことごとくロシア帝国から弾圧を受けました。

20世紀に入り、ソビエト連邦が成立し、ウクライナはソ連の一共和国となりました。1920年代は「ウクライナ化政策」と呼ばれ、ウクライナ語を使った作品が次々と誕生したのです。しかし、スターリンの時代になると、ウクライナ語は再び冬の時代を迎えました。

第二次世界大戦後、ウクライナ語を使った文学作品は出版されるようになりましたが、ロシア語優位の中で「停滞の時代」が続きます。

当時、流行していたロックなどの西側文化を伝える数少ない雑誌はロシア語で書かれていたので、若者のウクライナ語離れも深刻でした。ウクライナの若手歌手は次々とロシア語で歌う有様だったのです。

1991年のウクライナ独立により、ようやくウクライナ語は独立国家の「公用語」となったのです。しかし、ウクライナ語がうまく話せないウクライナ国籍の人も多く、言語問題はウクライナを悩ます問題のひとつとなっています。

参考文献

最後に、参考文献を提示しておきます。

和田春樹 他 著『新版 ロシアを知る事典』 2004年、平凡社

藤井悦子 オリガ・ホメンコ編訳『現代ウクライナ短編集』2005年、群像社

Marie-Janine Calic, “The Crisis of Socialist Modernity-The Soviet Union and Yugoslavia in the 1970s”, 2011, Vandenhoeck&Ruprecht


Translate »