OLYMPUS DIGITAL CAMERA

筆者撮影 クロアチア ドブロブニク(Croatia Dubrovnik )

※旅行記(2015年9月~12月)は「旅行記」からお願いします。それ以降の記事は「エッセイ」になります。

「Tabi-PROG」にお越し頂きありがとうございます。現在、神戸市でライターをやっている新田と申します。

中欧・東欧が好きで「少しでも中欧・東欧の魅力を伝えたい」という思いから、「Tabi-PROG」を作成しました。

3ヶ月に渡って中欧・東欧をめぐった旅行記を中心に、様々な情報やオピニオンを発表していきます。

「広く深く」をモットーに「中欧・東欧」をひとつのパイ生地として捉えているのが「Tabi-PROG」の大きな特徴。

また、大学、大学院で身につけた中欧・東欧に関する知識や趣味を活かして、様々なジャンルにも挑戦していきます。

少し硬派な記事を20代の人間が書くという斬新な試み。紅茶を片手に読んで頂けるとうれしいです。

ご意見・ご感想はddr1968アットマークflute.ocn.ne.jp 新田宛までお願いします。

 

※You can read Tabi-PROG in English. Please click below button “Translate” in this page.

※If you would like to write message for me, please send message to my email address(ddr1968@flute.ocn.ne.jp) 

ウェブサイトのご利用に際して生じたトラブル、損害については、一切責任を負いかねます。ご了承願います。

 




5 Comments on "鉄道で巡るヨーロッパ大陸"

  1. kohichi umeda | 2015年9月1日 at 16:47 | 返信

    はじめまして。梅田幸一です。
    とつぜん、失礼します。

    ハフィントンポストの「戦争」からたどり着きました。
    とても興味深く読ませていただきました。
    中・東欧地域のお話を楽しみにしています。
    いってらっしゃい!

  2. Nitta Hiroshi | 2015年9月1日 at 17:54 | 返信

    梅田様

    コメントありがとうございます。また、ハフィントンポストの記事を読んで頂きありがとうございます。次の日曜日は成田で前泊、月曜日からヨーロッパに旅立ちます。現地から記事を書きますので、今後ともTabi-PROGを宜しくお願い致します。

  3. 「海外の鉄道風景集」管理人のxeluaと申します。先日は私のサイトに訪問いただきましてありがとうございました。

    中東欧の研究を専門にされているのですね。興味深い記事が多く、順番に読ませていただいています。私自身は鉄道趣味専業みたいなものですが、鉄道も詳しく調べていくとその国の文化や歴史と密接に関わっているので、自然と他の分野の情報にも興味が湧いてきます。また中東欧には再訪したいと考えていますので、こちらの情報を参考にさせていただきたいと思います。

    セルビアあたりも訪問したいと考えているのですが、鉄道は雰囲気があまり良くなさそうですね…。

  4. xelua様

    この度はありがとうございます。いずれは、ヨーロッパ・ロシアの鉄道と歴史を含めたディープな旅行記を紙媒体で書きたいですね。まだ、29歳なので、まだまだそれをやるには力不足ですが。現在はコツコツ書きながら、関心を持ってくれそうな方を探している最中です。

    さて、セルビアの件ですが、ここ数年、近郊列車を中心に新車の投入が進められています。しかし、路盤などは老朽化しており、今からという感じですね。計画ではベオグラード~ブダペスト間の高速化(200km/h)が計画されていますが、遅々として進まないのではないでしょうか。

  5. 追記

    なお、最新情報は以下のページ(FACEBOOK)からご覧になれます。もしよろしければご覧下さい。

    https://www.facebook.com/nitta.hiroshi.9

Leave a comment

Your email address will not be published.


*




*

Translate »