自己紹介

Pocket
LINEで送る

ここで、管理人(私)を紹介します。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新田浩之(Nitta Hiroshi)  1987年生まれ 

 

高校時代(2003年~2006年)

1年間にわたり、毎朝、北朝鮮からの日本語放送を聞いていました。また、鏡の前で金正日総書記の拍手の真似をするという悪習もこの頃からです。

 

高校1年生のときに小説『プラハの春』に出会いました。この小説は史実を基にしたラブロマンスです。しかし私は社会主義国家に興味を持ち始め、悪の道へ突き進むことになります。

 

大学時代(2007年~2011年)

1年間の宅浪を経て、関西大学文学部に入学。第二外国語はロシアを選択しました。専攻は東欧現代史、特にユーゴ紛争を中心にいろいろと調べました。 某大手私鉄会社でアルバイトをし、お金を貯めたら中東欧、ロシアへ旅行したものです。

 

また、成績がそれなりに良かったので、学費の半額免除も助かりましたね。 進路にはいろいろと迷いましたが、大学院へ進学することを決断。神戸大学大学院国際文化学研究科を受験しました。

 

今のところ、最初で最後の表彰状を受賞したのも大学時代のよき思い出。卒業式に「関西大学文学部賞」を受賞しました。

 

大学院時代(2011年~2013年)

わずか2年にも関わらず、大学時代よりも内容が濃いものでした。授業といっても、ほとんどがゼミ形式。最初の頃は授業に付いていくだけでも大変でした。

 

大学院ではクロアチアにおける第二次世界大戦と政治との関係性を研究していました。毎日、修士論文が執筆できるか、ドキドキの日々でしたね。

 

それでも、どうにか修士論文を執筆し、神戸大学大学院を無事「退院」。苦労した分、修士号を取得した際は喜びが大きかったです。

 

社会人時代(2013年~2015年)

誤算だったのはこの2年間。私はとあるメーカーの営業職として働きました。いろいろ考えて就職したわけですが、この決断がよかったのか、今でも不思議に思います。

 

結局はここで書くのが恥ずかしいような理由で退職。今でも、この会社の夢で起きることがありますね。

 

現在に至る(2015年~)

結局、2015年2月に退職し、8月にこのブログを立ち上げました。9月から3ヶ月間にわたって、中欧、東欧を漫遊。 旅行しながら、旅行記を書き溜めました。

 

2016年3月、税務署に個人事業届を提出し、現在に至ります。 昔から進むのが遅く、その代わり誰よりも粘り強い。そういう性格だと思います。

 

ようするに諦めが悪いわけですね。これからは「書く」以外でも、幅広く展開できればと思っています。

 

趣味

旅行・・・中欧、東欧、ロシアに限ります。なぜなら、突き詰めれば突き詰めるほど、おもしろいからです。もっと濃い旅行ができれば、そのように考えています。

 

読書・・・乱読はしません。同じ本を何回も読む習性があります。ジャンルは歴史、政治関連。たまに小説も読みます。小説はイギリスの作品を好みます。

 

国歌・・・楽譜は読めませんが、メロディーを覚えるのは得意です。おそらく、小さいときからクリスチャンとして賛美歌を歌ってきたからでしょう。30カ国以上の国歌のメロディーは歌えると思います。国歌に関しては下記のムービーをご覧ください。

 

映画・・・意外に思われるかもしれませんが、学生の頃は週1のペースで映画を観ていました。

 

好きな映画は「八日目」「グッバイ、レーニン!」「アフターウェディング」「ハリーとトント」など。 好きな俳優はサラ・ポーリーチュルパン・ハマートヴァアート・カーニー、そして映画解説者として淀川長治

 

仕事

ライターとして活動していますが、イベント企画、自宅ミュージアムも行っています。 カメラは一眼レフ・ミラーレスカメラ(OLYMPUS PEN E-PL6)を所持。

 

また、定期的に中東欧に関する講演も行っています。2018年に限り、チェコ親善アンバサダー2018を務めています。

 

得意分野は以下のとおりです。

 

中欧・東欧・ロシアの政治、歴史(現代史)

旅行スポットの紹介など ・鉄道(鉄道旅行記、中東欧の鉄道)

関西の観光スポット・お店紹介・グルメ記事 

SEO記事、コラムなど

 

主な掲載媒体 マイナビニュース東洋経済オンラインTRIP’S

一部執筆『鉄道とファン大研究読本 ~私たち車両限界、超えました~2018年10月、カンゼン

 

資格

TOEIC730点、ロシア語能力検定試験3級

 

学歴

学士(歴史学 関西大学文学部)

修士(学術 国際政治 神戸大学大学院 国際文化学研究科)

2018年11月23日~12月8日までは旅行中につき、返信はできません。

お問い合わせはこちらからお願いします。
Pocket
LINEで送る

Translate »