日本にいながら海外の友人を作り、実りある関係にする方法

筆者撮影筆者撮影

今回の旅行では合わせて6人の友人に会いました。そして、その内の2人は実は日本にいながらインターネットで出会った友人なのです。最近、FACEBOOKを活用した友人作りが流行っていますが、私は5年前からインターネットを活用した海外の友人作りを模索してきました。「ようやく、時代が追いついてきたのかな」という感じが個人的にはします。今回は、私の5年間の紆余曲折のノウハウを伝授したいと思います。

① Japan.Guide.Comを活用する

私が利用したサービスはJapan.Guide.Comのペンパル部門です。まず、最初にする作業はアカウントを取得し、自分のプロフィールを掲示板に貼ることです。ここで大切なことは英語で、なるべく具体的に自分のことを紹介すること。特に、趣味と「何がしたいか、どのような友人を求めているか」は必須項目。海外に住む日本に興味を持つ外国人があなたのプロフィールを読みます。

その後、あなたに興味を持つ外国の人がメッセージを送ってくるのです。あなたが、彼(彼女)を気に入れば、メッセージを送り返し「友人成立」です。

もちろん、こちらから、海外の友人を見つけることも可能です。例えば、「ミャンマーに興味があるから、ミャンマー人の友人を作りたい」と思えば、ミャンマー人に絞り込んで検索することも可能です。もちろん、年齢、性別、趣味からも絞りこめます。最初は、あまり深く考えず「この人おもしろそうだな」と思えば、積極的にメッセージを送ってください。

地元の生活も学べます

地元の生活も学べます

② 関係を継続し、発展させるコツ

実は「友人になる」ことはそれほど難しくありません。一番、難しいのは関係を維持し発展させること。互いに顔を合わせていないので余計に難しいです。まず、最初はメールで定期的にやり取りしてみましょう。相手もちゃんと返してくれるなら、ある程度、信用できます。ここで返信が遅い場合は切っても構いません。ある程度、信頼関係が構築できたらFACEBOOKのMessage機能を使ってみましょう。もちろん、相手の写真にコメントを残してもOKです。

これをマメに続けることが重要です。時には手紙を送るのもいいでしょう。ポストカード選びや便箋を選ぶのは本当に楽しいものです。相手から返信の手紙が届くと少し感動します。ここまで来たら、信頼関係が構築されてるので、定期的にメッセージを書かなくても切れることはありません。

友人がいると穴場も教えてくれます

友人がいると穴場も教えてくれます

③ 実際に友人に会う場合、気をつけること

さて、実際に友人に会う場合はどうすれば良いでしょう。まずは、事前に詳細なスケジュールを詰めることをオススメします。特に出会う場所は。そして、万一の場合を考えて、初回は昼に会うようにしましょう。そして、集合時間の10分前に来て、周りの様子を確認することも大切です。

直接会って、友情を深めることもあります。ただ、人間ですから実際の感じと違う場合もあります。その当たりは自分の感性を信じて、その後の行動を考えれば良いと思います。

かく言う私も未だに紆余曲折の最中です。一つ言えるのは、海外に友人がいると視野が大きく広がります。何より楽しいです。みなさんも、ぜひ試してください。

 


Translate »