2017年8月8日スタートのロシアビザ緩和の件について 

13631381_1127556220599232_5602630953925450069_n




みなさん、こんにちは。いよいよ、8月8日から極東ロシア向けのビザ緩和がスタートしました! とりあえず、かき集めた情報を記事にしました。なお、全てソースを開示していますので、旅行される方は再度、ソースで確認することをおすすめします

① 2017年8月8日のビザ緩和とは? 

13631381_1127556220599232_5602630953925450069_n

従来、基本的にロシアの観光ビザを取得するには以下の書類が必要でした。

・パスポート

・写真

・電子査証申請書(ロシア連邦外務省のHPから申請)

旅行確認書+バウチャー(セットになっている)

問題は旅行確認書+バウチャーです。これはいちいち宿泊するホテルに連絡して取得しなければなりません。この作業がものすごく手間だったのです。

今回のビザ緩和によって、簡単にロシアに渡航できるようになりました。旅行者はロシア入国4日前までにこちらの専用サイトから電子ビザの申請書を提出するだけでいいのです(アライバルビザとは異なります)。ただし、ビザ緩和にはいくつか条件があります。なお、メディアは5地域に適用されると書いてありましたが、ビザ緩和専用ページにはウラジオストクイン、ウラジオストクアウトのみ、と書いてありました(2017年8月1日確認)。

滞在地域は5地域(沿海地方、ハバロフスク地方、サハリン州、チュクチ自治管区、カムチャッカ地方)のみ。ウラジオストクやハバロフスクはこれに含まれます。(メディア報道)

入国した地域の中のみ移動できる(メディア報道)

・ただし、最初はウラジオストクイン、ウラジオストクアウトのみ(専用ページ)

滞在期間は最大8日間(メディア報道)

要するに極東オンリーというわけです。モスクワやサンクトペテルブルクを訪れる際は従来どおりのやり方でビザを取得しなければなりません。ご注意ください。

② ビザ緩和のスタートは2017年8月8日から

8月1日撮影(ロシアビザ緩和専用ページ)

8月1日撮影(ロシアビザ緩和専用ページ)

先に結論をいいます。ビザ緩和のスタートは2017年8月8日からです。「ウソでしょ」と思われる方は上に貼った専用ページのキャプションをご覧ください。はい、スタートは8月1日からではありません。十分にご注意ください。

③ 秋までは従来通りのやり方で旅行しよう→もう大丈夫

13615307_1127542227267298_4255372780029070115_n

8月1日に私はJICに電話しました。すると、このような回答がきました(以下要約)

ビザ緩和は始まりましたが、現場では混乱することが予想されます。しばらくの間は従来通りのやり方でビザを取得することをおすすめします。

ロシア旅行のプロが言うのですから、これに従いましょう。少なくとも秋までは様子を見たほうが賢明だと思います。

追加情報

現在(2017年10月3日)は滞りなく旅行できます。もう「大丈夫」と言っていいでしょう。

参考資料(いずれも閲覧は2017年8月1日)

タビリス

ロシアNOW 

ビザ緩和専用ページ

在日ロシア連邦大使館

2016年極東ロシア(ウラジオストク・ハバロフスク)旅行記はこちら

2017年8月8日、一部修正しました。

2017年10月3日、一部修正しました。


Translate »