国歌メロディーコンサートについて

Pocket
LINEで送る

2018年10月26日(金)、大阪・中崎町にある黄色い家2号店で国歌メロディーコンサートを開催しました。今回はその様子を少しだけお伝えします。

 

① そもそも、国歌メロディーコンサートとは

そもそも、国歌メロディーコンサートとは国歌のメロディーを歌うというもの。私は国歌の趣味を高校1年生(2003年)からはじめ、コツコツとレパートリーを増やしてきました。

 

よく「歌詞付きで歌わないの」と言われます。確かに歌詞付きで歌えればベストなのですが、メロディーへのこだわりとして以下の理由が挙げられます。

 

・その国の言葉を歌う際に、きちんと文法を学習したいから

・いちいち、すべての言語の文法を勉強することができないから

・歌詞付きで歌うと下手になるから

・メロディーのみならイデオロギー色を消せるから

 

したがって、今回も北朝鮮とロシア以外はメロディーに終始しました。

 

② どれだけの国歌を歌ったか

今回は主にロシアと東ヨーロッパの国歌を取り上げました。歌った国歌は以下のとおりです。

 

朝鮮民主主義人民共和国、ロシア連邦、エストニア・ソビエト社会主義共和国、ラトビア・ソビエト社会主義共和国、リトアニア・社会主義共和国、エストニア共和国、ラトビア共和国、リトアニア共和国、ベラルーシ共和国、モルダビア・ソビエト社会主義共和国、沿ドニエストル共和国、ガガウズ自治区、モルドバ共和国、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国、ウクライナ、ルーマニア、ポーランド共和国、チェコ共和国、スロバキア共和国、ハンガリー共和国、ドイツ民主共和国、スロベニア共和国、クロアチア共和国、セルビア共和国、スルプスカ共和国、旧ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロ

 

このように書き出してみると、やたらとソビエトや未承認国家が多いですね。これもご愛嬌で。国歌メロディーコンサートの様子は上のムービーをご覧ください。

 

③ 今後の国歌メロディーコンサートについて 

 

おそらく、来年あたりに東欧・ロシア以外の国歌メロディーコンサートを開催すると思います。その際はよろしくお願い致します。また、今回はシュールなイベントに参加して頂きありがとうございました。

お問い合わせはこちらからお願いします。
Pocket
LINEで送る

Translate »