ポーランドの高速列車「ペンドリーノ」を徹底解剖

筆者撮影筆者撮影






9月14日、ワルシャワ西駅からクラクフ中央駅までポーランドの高速列車「ペンドリーノ」に乗りました。今回は1等車を解剖します。なお、2等車はTRiPORTで見られますのでお楽しみに。今回は車内中心です。

① 黄色の枕がポイントです。

筆者撮影

筆者撮影

すみません、どうしても私が写ってしまいました。さて、1等車のポイントはこの枕。これが頭にピタッと当たるので快適です。本当に枕のような感じです。また、今回は使いませんでしたが読書灯も座席と座席の間にあります。

筆者撮影

筆者撮影

飛行機のように足置きが設置されています。また、ゴミ箱が併設。この足置きなかなか使えます。列車の中で寝たい時にはちょうどいいですね。

② 大型の荷物は別に

筆者撮影

筆者撮影

大型の荷物を置くスペースも確保されています。これは、オーストリアのレイルジェットやドイツのICEでも見られると思います。いちいち、網棚に上げずに済むので本当に助かります。

③ ビジネスにも最適

筆者撮影

筆者撮影

日本とちがってどの座席からも充電できます。実際、多くのサラリーマンがこれを利用してパソコンを使っていました。ビジネスを強力にサポートしてくれます。

④ テレビはついてますが・・・

筆者撮影

筆者撮影

テレビは頭上にあります。ただプログラムはPKP(ポーランド国鉄)のCMばかり。これは改良が必要ですね。

いずれにせよ、快適なことには間違いありません。今までのポーランドの車両とは大きく異なります。みなさんもポーランドを訪れた際には乗ってください。


Translate »